So-net無料ブログ作成

CDプレーヤーを修理してみる    [モノ]

ワタシが愛用しているCDプレーヤーはSONYの CDP-227ESD という製品です. 

cdp-227esd.jpg

もうかなり古い製品で、いつ買ったのか憶えていないので調べてみたら、
1987年発売とのこと.えっ、もう29年も経つのか!
SONYにしては長持ち(^^;;

長年使っているので、真っ暗闇の中でもリモコンボタンをすべて把握しているほどで
愛着はひとしお.ランク的には中級機ですが音に不満はありません.
しかし1年ほど前からディスクトレイの作動が不安定になり、手でアシストして
やらないと全開/全閉しないことがありましたが、昨日いよいよまったく動かなく
なりました.
愛着あるから買い替えたくないなぁ、なんとか直せないかなぁ.

症状から、駆動ベルトが空回りしていると想定されたため、ググってみるとやはり
そういう事例がたくさんあり、ヤフオクで不作動のジャンク品を安く買って直して
いる人も大勢いるようです.
ちょうど今日は日曜なのでトライしてみましょう.

CDP20160904A.jpg
ラックから引き出してみたら大変な事になっています.もちろん何度か移動はしている
ので29年分ではありません.

CDP20160904B.jpg
ここはDyson先生にご登場願います.排気がキレイなのはありがたい.

CDP20160904C.jpg
ケースを開けてみたところ.ベルトはどこぞ?

CDP20160904D.jpg
もう何となく勘でバラしていきます.CDを上から押さえる部品を外すと、メカニズム
が見えてきました.しかしまだベルトらしき物は見えていません.

CDP20160904F.JPG
さらにバラしてみると、メカシャーシの裏側にベルトを発見.この状態で動かして
みたら、滑っている場所が特定できました.
ベルトが伸びているのであれば交換するしかありませんが、そんな風でもなさそう.

CDP20160904E.jpg
ベルトを外してみたら若干の油脂汚れがありました.ベルトも少しテカっていて、
油が付いている様子です.
これなら直るかも知れない、ということでアルコールでベルトとプーリーを拭きます.
すると、なんということでしょう! 見事にトレイが正常作動しました.

やったあ、と喜んだのも束の間.ディスクをセットしてみたら読み取りません.
ディスクが空転している? 
なんか滑ってるっぽいので、ディスクが乗る回転台を観察すると、金属の円盤の表面に
薄い透明なゴムのような樹脂が貼ってある様子.
ではこれもアルコールで清掃してみようと実行してみたところ、ディスクが回転する
ようになりました.ちゃんと読み取ります.

大成功、かな.
作業から数時間後、これを書いてる今もやってみましたが、ちゃんと動きます.
ただし問題も若干.
以前からエラーが出ていた、本体側の■停止ボタンと早送りボタンが効きません.
リモコンだとちゃんと作動するので本体のスイッチ制御系がダメのようです.
さすがにエレクトロニクス系は直せない.
でもまぁ普段リモコンでしか操作しないので問題なしとしましょう.
いつまで持つかなぁ.
いざとなったらジャンク品買ってドナーにする手もあるし・・・.


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る