So-net無料ブログ作成
検索選択

そのアップデートには罠が隠れている    [パソコン]

PCでインターネットを使用している人なら、時々いろんなアプリケーション
ソフトのアップデートのお知らせを見かけることがあると思う. 

それが正規の物であればアップデートするのはまったく構わないけれど、
詳しく表示を読まずにホイホイと『アップデート』とか『次へ』をクリック
してしまうと、余計なアプリをインストールしてしまうことがあるので注意!

ワタシも数ヶ月前、PCをチェックしていたら、入れた憶えのないソフト
『McAfee』が入っているのを発見し、びっくり.『McAfee』そのものは
セキュリティソフトで怪しいものではないが、他のセキュリティソフトが
入っていると競合したり、PCの動作が重くなったりするので注意.
何より入れたはずのない物が入っているというのは精神上よろしくない.

で、いつどうやって入ったのかが判明したので晒す次第.
Adobe の Flash Player がPCに入っている人は多いかと思うが、このアップ
デートの際、表示をよく見ると「オプションのプログラム」としてMcAfeeの
Security Scan Plus というのが存在している.

CapD20131116a.png

不要ならばチェックボックスのレ点を外してからアップデートのボタンを.

Flash Player ばかりではない.
つい2日ほど前、Java のアップデートのお知らせがあり、これもよく見ると
McAfeeの罠が.

CapD20140117.png

これもチェックを外してから次に進もう.
話がそれるが、実は正直に言うと、Javaって何をしているものなのか
まったく知らないのだが(-_-;)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る