So-net無料ブログ作成
検索選択

可夢偉おめでとう! の続き    [F1]

まだまだ引きずる日本GPについてもうちょっと書きたくて. 

韓国GPをCSでP1から見ていた人は聞いたと思うけど、川井ちゃん情報によれば、
鈴鹿の可夢偉とジェンソンの最終バトルで、ジェンソンがKERSをほぼ100%
残して可夢偉に襲いかかったのはレース中継を観ていた人ならご存じの通り.
それを知った時には背筋が凍りましたよ、うわ!やばい!って.
でも可夢偉との差は詰まらず、我々は安心したのですが、川井ちゃん情報に
よると、可夢偉はジェンソンのその戦略を読んでいて、自分もKERSを温存
していたそうなのです.だから差が縮まらなかった! そうだったのか!
ジェンソンより4周古いタイヤなのによく制御して抑えきったと、あらゆる人
が可夢偉を賞賛していました.

さすがです.速いだけではなくクレバーな可夢偉の走り.
でもジェンソンも、日本びいきなドライバーなのに手加減をせずに可夢偉を
攻略せんと、手を尽くしてフェアに挑んだ精神は見事!
まさにサムライ同士の一騎打ちですね.
抜きつ抜かれつ、というバトルではなかったものの、日本GP史において
後世まで語り継がれる名勝負となりました.

ところがそんな可夢偉も、来年のことはまだ未確定なのです.
ザウバーに残れるか、というかF1に残れるかもまだ微妙なところで.
川井ちゃんもそのことになると言葉を濁す感じでハッキリと言いません.
知ってるけど言えない、というより、状況が悪いので言えない、というような
ニュアンスで、どうにも心配です.
しかも韓国GPがあのような結果だったし・・・.

「マクラーレンはザウバーから引き抜く人選を誤った」というような論評も
あったりするようなのですが、それは単に速さ・強さというだけではなく、
後ろに付いてるスポンサーあるからなので、現実とはそういうものです.
そのことは可夢偉自身も認めています.
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51858874.html

これがバブル期だったらスポンサーなどわんさか集まるだろうけど、今の
日本の状況がこんなですからね.本当に心配です.

ワカメとか韓国海苔とか言われた韓国GP、なんか日本の直後なだけに、
温度差の違いがありありでしたね.
ホンダもトヨタもBSも去ったのに、これだけ熱心なF1ファンがいる日本、
どうかスポンサーが見つかりますように.

日本のF1ファン、サイコーです!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る