So-net無料ブログ作成
検索選択

TV替えました    [モノ]

2011年のクリスマスの日、勢いで40型の液晶TVを買ってしまいました.買ったのはこちら、SONY KDL-40HX720
SONYの40型の中では最上位機種になります(録画機能無しで)
最上位とはいうものの、通販ショップでなんとたったの65000円.
地デジ特需が終わって信じられないくらい価格が暴落しています.
オープン価格なので定価はありませんが、SONYの直販ストア「Sony Store」
では現在139,800円(ただし3年保証付き)もするので、なんでそんなに安く売れる
のか、仕入れ値は一体いくらなのか、という疑問も生じますが、安く買えることに
文句を言う必要も無いのでここはスルーで.

ブラウン管派で液晶TVなんてクソだ、と言っていた自分ですが、今となっては
事実上液晶TVしか選択肢は無く、キヤノンが着手していたSEDが頓挫してしまい、
仮に商品化に成功したとしても価格の面で液晶とは勝負になるはずもなく.
ということで私は待たないことに決めた.

これまでのブラウン管TV SONY KV-32DX850 はそろそろ丸7年.
一応ハイビジョンブラウン管なので、デジタル放送もBlu-rayも高画質で見られた
のですが、さすがに地デジ化されてからはデジタル波は受信できないため、
HDD/BDレコーダーをつないで見ていました.
SONY機にしたのはHDD/BDレコーダーがSONYなので、1つのリモコンで連係
操作ができるから.もちろんSONYが好きだということもありますが、決して
SONY信者ということでもなく.

注文したのは25日ですが物が届いたのは28日.30日の午前中まで仕事だったので
設置を始めたのは30日の午後になってからでした.

新TV1.jpg
上にあった自作ラックと機器類を撤去し、いよいよ作業開始.

新TV2.jpg
裏側はケーブルがぐちゃぐちゃです.

新TV3.jpg
使わない機器等を整理したらこれだけの不要ケーブルが. 薄い黒い機器は
アナログ時代のWOWOWのデコーダー.もはや使い道ないので捨てました.

新TV4.jpg
なんとこの薄っぺらい箱にTVが入っているというのが驚きです.

kdl-46hx720_sl_ww_b.jpg
なにしろ本体がこの薄さですから.
どんなに薄くてもワタシには何のメリットもありませんが.
むしろ問題は60㎏ある旧TVをどうやって2階から下ろすか.
31日に弟が来た際、父と3人がかりで下ろしましたよ.ありがとう.

新TV5.jpg
夜までには設置完了.TVの上にあったHDDレコーダーは右のオーディオラック
の中へ.そうなンだ、薄型TVの上には物が置けないのが不便.

鮮明さでは勝るが、なめらかさではブラウン管にはかなわず.
「VS嵐」みたいな色の洪水+速い動きみたいな映像になると破綻してブロック
ノイズまみれになります.
ただしそれは液晶TVの問題なのか、デジタル放送の宿命なのか、私には
わかりません.画質調整は翌日長時間かけてしました.
3D対応ですがワタシは3Dには興味は無く. なのでメガネも買っていません.

音質は、こんな薄っぺらいTVにまっとうな音が出るスピーカーが入るわけが
ないので、TVと同時にホームシアターシステム HT-CT150 を購入しました.

HT-CT150.jpg
21,500円(購入時) なのでそれほど高級機ではありませんが、これで十分です.
先日みどりと「アバター」のBlu-rayを観ましたが、映画館並みの音が出ます.

新TV6.jpg
TVの前にある細長いのがスピーカーで、サブウーファーはTVの後ろに置きました.
けっこうデカい.
この音に慣れると、元々のTVの音には戻れません.まるでラジカセ並みの音.
いや、気の利いたラジカセの方がいい音出ます.もちろんこれはSONYのTVが悪い
わけではなく、どのメーカーも薄型TVなんてこんなものです.
映画や音楽を大画面といい音で楽しみたいと思うならケチらないで別売スピーカー
を買いましょう.

新TV7.jpg
ネットワークに接続できるので、このようにブログなんかも見る事が可能.
ただし根本的にPCとは違うし、マウスやキーボードがあるわけではないので、
操作感はイマイチ.カミさんはGyaOで韓国ドラマを見たかったようですが、
サイトには繋がるものの、動画の再生は不可でした.
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

LUCKY-LANTANTAN

おお〜ポチッとしたのはこれですか!!

スペック拝見したところHDMIの入力端子が潤沢にあるようですので、パソコン側にHDMIの出力があれば(無ければロープロファイルのビデオカードでも買ってきて)接続すれば大画面でGyaOが実現しますね.

私はいい歳してこのモニタにPS3を繋ぎ、GT5のAudi-A6でニュルの林を駆け抜けたいです.
勿論3Dで(笑)
by LUCKY-LANTANTAN (2012-01-08 23:10) 

トースケ

あー、その手がありましたね.でも、
カミさんの希望・・・大画面でGyaOを見たい訳ではなく、TVの前にあるベッドに寝転がって見たい.
ワタシの希望・・・PCでGyaOを見ている間はPCが使えないのでTVで見て欲しい.
と双方の思惑が違うので、PCからHDMIでTVに送っても、結局PCが使えないのでワタシ的には解決できず(笑)
あとは最低限7mは必要なので高額なことかな.
by トースケ (2012-01-09 00:11) 

はすきーぽんぽん

我が家のソニー製ブラウン管テレビKV-32DX850は2013年に入っても未だ現役です。地デジ移行後は東芝製のレグザチューナーとコンビで私の自室でまだまだ活躍してくれそうです。地デジ移行の際、家族の観る一家のメインのテレビは家族の意向で仕方なく東芝製薄型テレビ40A1に買い換えたのですが、大画面のため映像の迫力は増したのですが、それに引き換え、音声の貧弱さには家族一同驚かされました。画質と音質のあまりのアンバランスさにがっかりしてしまいました。それまで一家のメインテレビだったKV-32DX850の音質が良かっただけに落胆はより大きくなりました。このソニー製ブラウン管テレビKV-32DX850は映像も音も家族全員大満足だったのですが、問題はその重さ。地デジ化の際、二階にある私の自室へ移動する時の苦労は半端ないものでした。自宅の細い階段はこのブラウン管がギリギリ通る幅しかありません。テレビ本体の前後に私と兄が陣取り、あの60kgの物体を二階に運ぶ作業は正に地獄。途中、何度挫折し、心が折れたことでしょう。何とか無事に二階に運び終えた時にはまるで世界的な山に登頂成功したかのような達成感を味わうことが出来ました。なので、近い将来、このテレビが使用不能になった時に今度はテレビ本体を一階に降ろす作業をしなければならないのが憂鬱です。しかもその頃には私の体力も現在よりも低下しているのでこの作業事態ができそうにありません。業者さんに頼むことになりそうです。こちらのサイトを読んで32型ブラウン管テレビ最大級の重さを誇るKV-32DX850を運搬した時のトラウマが甦りました。先程一緒にテレビを運んだ兄と当時の話をしましたが、「あんなつらい思いは二度としたくない」と言っていました。どうやら兄にとってもテレビを運んだ思い出はトラウマになっていたようです。
by はすきーぽんぽん (2013-01-29 00:36) 

トースケ

はすきーぽんぽんさんコメントありがとうございます.
本当にブラウン管テレビの重さと来たら! 
32DX850の前はやはりSONYのPROFEEL PRO27を使っていましたが、この時は2階から下ろす時にはフレームやらブラウン管やらをバラして下ろしました.バラしやすいボディでもありましたし.
32DX850はヤフオクで中古展示品を買ったので、箱もなくプチプチでくるんであるだけでした.引っ越し便で届いたので業者の人が2階まで運んでくれたのですが、何しろプチプチなのでつかみ所が無く、大変だったようです(私は不在でした)
私は今でもブラウン管の画質の方が好きです.はすきーさんも大事に使ってあげてください.
by トースケ (2013-01-29 23:50) 

はすきーぽんぽん

返信ありがとうございました。
KV-32DX850を二階に運んだあの悪夢のような作業はいまだに我が家では語り草になっていることを先日書き込みました。あれから当時のことを思い出してみました。特に苦労したのは当然ながらテレビ界きっての横綱級の重量ですが、その重さを運ぶつらさをさらに倍増させたのはブラウン管テレビ特有のアンバランスな重量配分でした。ブラウン管前面(画面の部分)にその重量が集中し、逆に反対側のブラウン管後部(テレビ本体の背面)は中が空洞に近い構造のためとても軽いという極めてアンバランスな重量配分のため、とにかく持ちにくいのです。こんな大型のブラウン管テレビを購入したのは初めてだったので、まさかこんな重量配分になっていようとは思いもしませんでした。全くの盲点でした。正に想定外。薄型テレビが主流の現在、あの時の悪夢のような作業は今後することはなくなりましたが、あの時の作業は今となってはとても貴重な体験だったのではないでしょうか。自宅の中であそこまで絶望的な思いをしながらの作業なんて一生の中でそうそうあかるわけないのですから。今の小学生が大人になる頃には「ブラウン管テレビの重さに苦労した」なんて話は遠い昔話となっていることでしょう。
by はすきーぽんぽん (2013-02-08 00:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る