So-net無料ブログ作成
検索選択

腕時計替えました(えっ、また?)      [モノ]

昨年10月に腕時計を替えたのですが、12月にまた替えました.
「替えた」という表現で間違いではないのですが、わかりやすく言うと
「不具合交換してもらった」ということになります.

実は買った時から気づいてはいたのですが、長針がわずかにずれているのです.
コトバで言うより写真を見てもらった方がわかりやすい.

SEIKO1.jpg
拡大すると
SEIKO2.jpg

つまり秒針が0秒の時、長針が15秒くらい遅れた位置を指しているわけです.
いろいろやってはみましたが、長針の送りは1分単位でしか動かせず、
よって微調整は効かず.
しかも電波時計なので基本的には針位置は自動で正しい位置にならなければならず.

そのうち何度か受信していれば直るかも、という淡い期待を持ってしばらく使って
いましたが、直らないので修理もしくは交換することに.
天下のSEIKOにしてはちょっとありえない不具合.

ただし購入先がamazonなので、スムーズに対応してくれるか心配だったのですが、
実に迅速・丁寧な対応でした.
「返品」のフォームに症状と要望を書いて12/7の夜に送信したら、12/8の午前には
以下のような返事が来ました.
CapD20120105.jpeg

通常amazonでは返品は30日以内なのですが、メーカーの保証(この場合は1年)
がある場合は当然それが適用されます.
12/15日には代替品(もちろん同じ機種)が届きました.
不具合品は当然返品するわけですが、ゆうパックから以下のようなメールが来て、
amazonからのバーコード等を印刷して梱包に貼るだけで、あとは郵便会社が
自宅まで集荷に来てくれるわけで、何ら手こずること無く返品できました.
CapD20120106_2.jpeg

さて代替機ですが、ちゃんと針位置は正常でした.(ごくわずかにずれて見えるのは
カメラ位置のせいです)
SEIKO3.jpg
SEIKO4.jpg

というわけで腕時計を替えた話はこれでおしまい、ではなくちょっと後日談が
ありまして.
12/29のことですが、夜中に目が覚めて、ずいぶん寝たような気がしたのですが
時計を見るとまだ1時で、もちろん続けて寝ました.次に目が覚めたら5時頃で、
それにしては外が明るくないか?と起き上がってオーディオの時計を見たら
もう7時すぎで大慌て.
なんと寝てる間に2時間15分近くも腕時計が遅れていたのです.電波時計では
ありえないんじゃないでしょうか.
とりあえず不便なので手動で時間を合わせて、10時頃SEIKOの客相に電話をして
状況を伝えました.そういう事例があるのかどうかわかりませんでしたが、
電波を強制受信して時刻合わせをしてみてほしいと言うので、やってみました.
それ以降、現在までまったく正常作動しているのですが、なんだったのだろう?
この時計を選んだのはハズレだったのだろうか.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る