So-net無料ブログ作成
検索選択

BSデジタルって見てますか    [テレビ]

良質な番組が多いのにイマイチメジャーになれないBSデジタル放送.
2年前には、あまりにもTVショッピング番組が多いという苦情に、
総務省から『全体の3割以下に抑えるように』というお達しが出て
幾分改善されてきました.

それでもあまり見ているという話は聞かないですよね.
それは新聞の番組表での扱いが小さくて、番組内容がよくわからない、
というのも理由の一つかと.
番組内容どころか番組名すら省略されてたりするので.
我が家でも機器(HDDレコーダー)を導入したのが去年の7月で、やっと
見られるようになった次第です.

そんなBSデジタル放送ですが、最近感動した番組を2つ.

 LISTEN 1001   BS朝日

LISTEN1001.png

概要は面倒なので番組HPから引用.
山口智子が、いま、心から伝えたいこと。 未来に語り継ぎたい大切なもの。 世界に溢れる感動を、ボーダレスな「音」で共有したい。
世界中を旅して出会った様々な音楽や文化を、山口自らのセレクトとディレクションにより、クオリティの高いサウンドとビジュアルでお届けする音楽・紀行ドキュメント。

音楽や人々の語り、それぞれのショートストーリーを、つれづれと紡いでゆく構成。起承転結に左右されない、新しい分野への挑戦。情報の洪水や説明過多な世界を抜け出して、「感じる」心地よさを取り戻しいたい。
シリーズを連続して観ることで、音や文化が、旅をしながら結びついてきた流れを体感することができます。


女優の山口智子が企画に参加しているものの、彼女は背景的にちょっと
映るだけで、あくまでもアーチストとその音楽がメイン.
ハンガリー、ベルリン、ウィーン、トルコ、クロアチア、セルビアなどのアーチスト
が登場.まさに「心に響く」音楽を聴かせてくれました.
個人的に感動したのは、大好きな音楽ユニットDEEP FORESTの「BOHEME」
に参加して世界的にブレイクしたハンガリーの歌姫マルタ・セヴェスチェンが
登場したこと.まさか歌うお姿が拝見できるとは思いませんでした.

番組映像ではありませんが彼女の歌声はここから


1月から毎月1回の放送だったのですが、3月で終わってしまいました.
もともと3回のみの企画だったのでしょうか.
ぜひ続編を放送してほしいものです.


もう1つは、
SONG TO SOUL   BS-TBS

SONGTOSOUL.png

やはり面倒なので、概要は番組HPから引用.
どんな音楽、楽曲にも必ず「はじまり」があります。それらはある時、この世界のどこかで生まれました。やがて音楽は育ち、あるものは洗練され、あるものは形を変え、時空の旅を経て、ようやくその人の元に辿り着いたのです。
この番組は、多くの人々の心に響き続けるソング(名曲)のルーツを辿りながら音楽を生み出したソウル(魂)と音楽に魅せられたソウル(魂)をつないでいく、新しいジャンルの音楽番組です。

あなたは、あなたの「永遠の一曲」にいつ、どこで、どんな状況で、めぐり会ったのでしょうか。
番組は、ある人物が心に抱く大切な音楽から始まります。そして、その音楽と出会った時代、その音楽が流行った時代、さらに、その音楽が誕生した時代へと、次々と時空を遡ります。
ゆったりと繰り広げられるハイビジョン映像。ミュージシャンたちがその音楽に込めた魂と音楽シーンや時代を大きく変えた魅力を探りながら、「永遠の一曲」の源流に迫っていきます。


5/8に放送された回を見たのですが、それまでこの番組を知らず、たまたま
番組表で『10cc-アイムノットインラブ』とあったので見てみました.
10ccの生い立ちから始まって、「ホテル・カリフォルニア」と並んで70年代を
代表する名曲「アイムノットインラブ」誕生秘話まで、元メンバーやマネージャー
が自ら登場し解説するという、贅沢な作りでした.
「アイムノットインラブ」が元はラテンリズムの曲だったなんて!
シンセサイザーやサンプリングマシンのない時代に、途方もない努力をして
この曲を創り上げた10ccはやっぱり偉大です.

曲はこちらから


これまですでに52回放送されており、実はこの「アイムノットインラブ」の回は
再々放送くらいで、もう何年か前に放送されて、リクエストが多かったので再放送
されたらしい.
そういう自由な編成ができるのもBSデジタル放送ならではかも知れません.
上質な番組はどんどん再放送してほしいものです.
近々のラインナップでは『クリムゾン・キングの宮殿』の予定もあるらしいので
楽しみにしています.

皆さんもオススメBSデジタル番組がありましたら教えてくださいね.
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

トースケ

Listen1001 について、番組HPのメールフォームから感想メールを送ったら、『今後もシリーズとして制作するが、予定は未定なので番組HPで発表します』とのお返事をいただきました.よかった!
by トースケ (2011-05-21 00:08) 

スーパーT部長

 遅くなりましたが、先日は、開設5周年祝いのコメント、ありがとうございました。m(_ _)m
 10ccの「アイムノットインラブ」といえば、10年ほど前に、日産スカイライン(R34型)のCMで使われていましたよね。
by スーパーT部長 (2011-06-14 00:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る