So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨーコちゃんのこと    [想い出]

中3の時のクラスメイトにヨーコちゃんがいた.
毎年この卒業シーズンの頃になるとヨーコちゃんのことを思い出すのだ.

ヨーコちゃんはとても背が高くて、学年の女子の中でもトップ3に入るくらいだった.
(ちなみに当時は1学年14クラスもある大規模校だった.)
でもバレーやバスケで大活躍、というわけではなく、丸文字を書く女の子達と
きゃぴきゃぴやってる大人しい方のグループに属していた.
当時人気だったピンクレディーのミーちゃんに似た感じの風貌だった.


卒業式の日.
体育館で卒業式を終えて教室に戻ってくると、女子の中でただ1人だけ、
ヨーコちゃんが自分の机で号泣していた.
友達もつられて泣くでもなく、なんだか声を掛けづらいみたいでそっとしておいて
あげてるようだった.
僕もヨーコちゃんだけが泣くなんて意外だったので不思議に思って見ていた.


それから20年後.
大規模な同窓会があった.なにしろ人数が多いだけに盛大だった.
卒業記念にタイムカプセルを作って中にいろいろな物を入れたので、
そのカプセルを開けてお披露目しようという目的もあった.
懐かしい面々.担任のタンクロも相変わらず色黒で元気だった.

同窓生名簿をもらって、僕は「えっ!」と思って友人に尋ねた.
ヨーコちゃんの行の最後に『ご逝去』とあったのだ.
なんでも卒業して何年も経たない頃、とても不運で悲惨な交通事故で亡くなった、
というのだ(車のトランクの荷下ろしをしていて後ろから来た車に激突されたらしい)
たぶんその頃僕は東京で1人暮らししていたので、そういう連絡は来なかったようだ.

あの時1人だけ泣いていたヨーコちゃん.
もしかして別れの予感が心をよぎった・・・
いや、そんなことはないと頭の中では否定するのだが、
毎年卒業シーズンになるとヨーコちゃんの涙が思い出されるのだ.

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る