So-net無料ブログ作成
検索選択

『棒道』を再訪問!    [グルメ]

10/31の記事 『上海焼きそばの謎』にちょこっと書いた食堂 『棒道』について、
気になったのでさらなるレポートです.(写真付き)
ただ単に科学雑誌『Newton』が置いてあるから、という理由だけなのですが・・・.

場所は小淵沢ICを降りて右折、アウトレットへ行く交差点をそのまま直進して
しばらく行くと左手に見えてきます.
棒道1.jpg
看板がないので、のぼりが立っていなければ食堂だとはわかりません.
なのでこの時期、紅葉を見に来る観光客等も多いのに、店内にいた客は観光客
とおぼしき人はおらず、近くで作業をしていたらしき方々ばかりでした.
棒道2.jpg
確かに山小屋風の趣はありますが、高原リゾートとして名を馳せる小淵沢では、
この外観では間違いなく観光客は引いてしまうでしょう.
ワタシですら「え、ここが入口でいいの?」と思ったくらいですから.

店内も木造りのテーブルなど山小屋風.綺麗ではありませんが散らかっている
ということはありません.『Newton』以外にも新聞や雑誌は置いてあります.

棒道メニュー.jpg
メニューです.『Newton』の最新号も一緒に(笑)
普通の大衆食堂と違うところは「ほうとう」があるところでしょうか.
ラーメン450円、ヒレカツカレー800円、ほうとう定食800円等々、なかなか安価です.
前回はとろろそばを食べたので、今回はネギ辛味噌ラーメンを食べてみました.
ネギ辛味噌.jpg
特にこれといった特徴があるわけでもなく、普通の味噌ラーメンにピリ辛のネギが
入っているだけですが、麺は太麺で食べ応えがあり、濃い味なのにあっさりした
スープは飽きのこない味です.
次回行ったらご飯物を食べてみようと思います.

で、肝心の「なぜNewtonが置いてあるのか」という点は訊かずじまいでした.
怖そうなおやじではないので、今度訊いてみよう.

ちなみに店名の『棒道』というのは、山梨の地理・歴史に詳しい人ならご存じの、
武田信玄が八ヶ岳山麓に作った軍用道路のことです.
詳しく知りたい方はこちら(pdfファイルです)
http://www.pref.yamanashi.jp/koucho/documents/19669218170.pdf



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る