So-net無料ブログ作成
検索選択

あっぱれ!小林可夢偉 [F1]

もう地上波でも放送終ってるので書きます.
これまで日本人F1ドライバーは何人もいたが、『Fighter』と呼べるのは
小林可夢偉が初めてだと思う.
終盤のオプションタイヤに替えてからの鬼神の闘争心は
もう誰にも止められないと思った.

7位だというけれど、その前の6人が誰なのかを考えて欲しい.
ベッテル、ウェバー、アロンソ、バトン、ハミルトン、シューマッハーに続いての
7位なのだ.しかも非力なザウバーのマシンで.

これはつまり、もし3強と呼ばれるマシンに乗っていれば間違いなく
優勝争いができるということである.カムイはそれだけの力を持っている.

「行ける!」と思った時の瞬時の判断力と決断力、そのチャンスをモノにする
腕と度胸は誰にも負けていない.
誰だい、鈴鹿がオーバーテイクが難しいコースだなんて言ったのは.

来年もザウバーチームで戦うことが決定しているので、「もっと強いチームで」
という希望をかなえるのはもう少しおあずけなのだが、だとしたら真っ白な
カラーリングのマシンは忍びない.日本のスポンサーはもっとファイナンシャルな
面でカムイをサポートしてあげてほしい.経済状態さえ良ければ、カムイの走りに
心を打たれてサポートしたいと思っている企業はいくつもあるはずだ.

そういえばカムイの日本GP用ヘルメット、カッコいいっすね!
kamui-helmet04.jpg
使い方を間違えるとダサくなってしまう金色をセンス良く決めています.
ちなみにこちらが通常用.
kamui_helmet_2010.jpg

ダサイといえば巷で話題のベッテルの日本GP仕様ヘルメット.
翼をさずける.jpg
別にダサくはないと思うんですよ.往年のファンは「たいれる」を連想したりして.
しかも丹頂鶴をモチーフにした名ドライバー生沢徹のヘルメットみたいだし.
ちなみにこちらがノーマル仕様.
vettel_helmet_2010.jpg
ただし知名度ほど売れてないですよね、Red Bull.だって高いんだもん.
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る