So-net無料ブログ作成
検索選択

連載 『香りはロイヤルミルクティー』 6 新人誕生    [香りはロイヤルミルクティー]

 高校3年間、ろくに勉強もしないで何やってたんだと訊かれたら、これはもう
胸を張って「ハイッ、視聴覚の仕事ですっ!」と答えるしかない.
視聴覚委員会.他校で言うところの『放送部』である.
部、つまりクラブではなく “委員会” であるところが “部” よりも校内ないしは生徒会内
での発言力を強いものにしている.
いつだったか、学園祭実行委員と意見が対立して、「バカ野郎ッ、だったらマイク
3本しか立ててやんねえッ」と怒ったら、生徒会長がすっ飛んで来て平身低頭で
詫びに来た.
何しろ学園祭を始めとする校内行事は我々が動かないと成り立たなくなっているのだ.
指1本でチャイムを狂わすことだってできる.

ただし我々が動いた以上はその責任も重大だ.普通のTV放送で音声が途切れたり
映像が乱れたりすると抗議の電話が殺到するのと同じ事.
クラス対抗の発表で音が途切れたりすると、やり直しさせろとか、点数が低いのは
視聴覚のせいだとか、とにかく敵意の視線を一斉に浴びて、思わず身が縮んでしまう.

 委員会という性格上、各クラス1人の選出という事になっていたが、1年生の最初の
選出の時、僕は不幸にも視聴覚委員会の抽選に外れてしまった.
だがしばらくして、中学からの友人ですでに視聴覚に入っていたカツヤがいいことを
教えてくれた.視聴覚委員会の中には企画班というのがあって、実質上の活動は
その企画班が行っている、そして企画班はやりたい人が誰でも自由に入れる、という
ものだった.
言われてみればそりゃそうだと思う.応援委員会に入るのがイヤで、とりあえず
どこかに入っておこうと、くじ引きで入っただけの人が仕事なんぞするワケがない.
本当に意欲のある人でなければやってゆけないのだ.
なぜ視聴覚に入りたかったのかよく憶えていないが、その頃すでにオーディオ病に
冒されていたので、そのせいかもしれない.
ともかく4月の終わり、後に『視聴覚 影の大ボス』となる新たな企画班員が誕生した.

 入ったばかりの頃は、ご存じの通りこういう性格だから、誰か相手を見つけて話を
するというわけでもなく、放課後放送室に行くと黙々とマイクケーブルのコネクターの
点検整備ばかりしていた.別にそれをやれと言われたわけではなく、室内をふすふす
していたらケーブルの接線部がかなり傷んでいるのが目についただけのことだ.

キャノンコネクター.jpg


 当時の視聴覚委員会の陣容は、3年生11人、2年生3人、我々新入生は8人(後に
2人増える)だった.先輩・後輩という関係は初めてだった.先輩は敬うもの、という
風習は始め抵抗があったが、特に反発することもなかった.やっぱり怒ると本当に
怖かったからだ.もちろん普段はとても優しかったけど.

 学園祭が6月なので、5月になるともうその準備が始まった.
視聴覚委員会の出し物は、例年教室を1つ借り切って『TOM & JERRY』をやっていた.
説明しよう.『TOM & JERRY』とは単なるイントロ当てクイズである.
来場者の中から2~3人を1チームとして、前にある回答者席にTOMさんチームと
JERRYさんチームに分かれて座ってもらう.30秒間イントロが流れて、先に3問正答
した方が勝ち.勝つと我々がレコード屋さんを駆けずり回ってもらってきたポスターの
中からお好きなものを1枚貰える、というもの.

 最初にこのイントロ集テープ作りを手伝わされた.作業自体は難しいことはないが、
すぐに終わってしまってはダメなので数時間分作る必要があったし、そうなると曲の
ネタが不足してくる.これだけのためにレコードを(まだCDは無かった)バカスカ買う
わけにはいかんし、当時はレンタル店も無かったし、結局それぞれが自宅で録って
きたテープで補ったりするしかなかった.

 学園祭当日は、時々TOM & JERRYのテープオペレーターなどをしただけで、
それほど仕事はしなかった.入学して2ヶ月、視聴覚はおろか学校のことさえ
よくわかっていないのだから仕方がない.
思えば学園祭をゆっくり楽しめたのはこの年だけで、翌年から超多忙で駆けずり回る
ことになろうとは思ってもみなかった.

 その後はしばしば放送室に顔を出すようになり、ある時ふと
『最近ここへ来ると落ち着くんだよな』と漏らすと、先輩に
『あんたもいよいよ視聴覚の人間になってきたね』 なんて言われた.
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

まねき猫

私の高校生活は「生徒会」で明け暮れてました。
今でも生徒会役員は付き合いがあります。そう、トースケさんが今でもお付き合いのある友人達のように。
トースケさんのこのシリーズを読んでいると、その時の懐かしい思い出がたくさんよみがえってきます。生徒会室で朝のお茶会をしたり、夕方になると家庭科の先生からおにぎりの差し入れがあったりしたなぁ…。


by まねき猫 (2010-06-16 21:15) 

トースケ

まねき猫さんは生徒会だったんですね.
何であれ、漠然と過ごして想い出らしい想い出がないより、何かに熱中したものがあるのは素敵ですよね.
いつまでも胸の中で誇りとなって輝き続けています(いや、大袈裟か・・・)
by トースケ (2010-06-17 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る