So-net無料ブログ作成

連載 『香りはロイヤルミルクティー』 5 想い出の喫茶店    [香りはロイヤルミルクティー]

 さて、2年の頃からY君が加わり、僕とモトヒロ君とともに3羽ガラスができあがる.
この3人が揃うとまず音楽の話になった.だいたい好みが似通っていて、
学校にまでラジカセを持ち込んで、昼休みになるとプログレやらハードロックやら
フュージョンやらをかけながらメシを食うというのがパターンだった.
はたから見れば、King Crimson等をかけながらニギニギしくメシを食っている3人組
というのはどう見えただろうか.

 これとは別の一派で『達山会(たつざんかい)』というのもあった.最初からこんな
名前だったわけではなく、これは後年、生徒会役員選挙の時に友人の1人である
達也を会長候補に擁立させた折、どこからともなく湧いて出た我々会派の名前で、
いくらかの先生にも知れ渡るくらいに有名になった.
主なメンバーはモトヒロ君、りゅーじ、フイちゃん、僕の4人で、親密になるきっかけは
あの『クマチョコ事件』であろうと思われる.

 この4人がいつも行くところはただ1つ、『DE' MOLTO』という喫茶店であった.
中心街の、東電の向かいの小さなビルの細い階段を2階に上がってドアを開けると、
カランコロンというカウベルの音と豊かな香り.白とブラウンが基調のインテリアが
落ち着いた.
初めて行ったのは確かクマを公園におびき出した帰りだったと思うから、1年生の
終わり頃だったろう.『紅茶とワッフルと童話の店』というのがキャッチフレーズだった.
童話は数十冊くらいあったかな.金欠高校生はワッフルはあまり食べなかったけれど.
とにかく僕らは足しげくそこに通って、大いに青春を語り合ったのだ.

ミルクティー.jpg

 「ロイヤルミルクティー」
いつも決まってこれを注文した.豊かな香りと柔らかな味は本当においしかったし、
ポットに入ってくるのもよかった.確か350円だったかな.ポット1つでカップ3杯分
あったから、長時間居座る僕ら金欠高校生は、追加オーダーしなくて済んだ.
そう、DE' MOLTOに行くためにお茶代は貴重だったのだ.

 どんなことを話していたか、はあまり憶えていない.他愛のない話ばかり.やっぱり
女の子の話なんて多かったかナ.
DE' MOLTOに関するエピソードはいくつか残っている.
何でも書けるノートが置いてあった.僕らが行き始めた頃はすでに3冊目くらいで、
卒業する頃には7~8冊目になっていた.
僕らの中で1番書いていたのはモトヒロ君だった.彼は愛用のサインペンの名を
とって、KURETAKE ZIGというペンネームで活躍?していた.
僕はといえば何か書きたくてしょうがなかったのだが、いざノートを前にすると
なかなか書く事が浮かんでこなくて、どうでもいいような事をつらつら書いていた.
その時はノリに任せて勢いで書いてしまい、後になって「えらいことを書いてしまった」
なんてのが僕にもモトヒロ君にも多々あった.
彼は卒業近くに「あれは抹消しておかねば」と言って黒く塗りつぶすとか切り取るとか
言ってたがどうしたろうか.
あー!思い出した!行った行った!塗りつぶしに行ったんだァ4人で.知れるとまずい
名前とかをつぶした記憶がうっすらあるよ.
ホント、バカなことをやってたなァ.

 バカなことと言えば『砂糖のパーフェクト』というのもあった.
例えばロイヤルミルクティーを4人で注文すると総計カップ12杯分にもなる.
(蛇足ながら、そういう時には一回り大きいポットが2つ来るんですよね.均等に分配
するのに苦労しました)
ある土曜日、そんな感じで注文して長居して、見るとテーブルシュガーが残り少ない.
誰が、というわけでもなく「よし、やろう」ということになって追加オーダーして、ついに
砂糖を全部使い切ってしまった.「やったぁ、パーフェクト達成!」と4人でウケまくった
という、これが世に言う『砂糖のパーフェクト』 以後、2回ほどパーフェクトをやった.
今にして思えば、よく出入り禁止にならなかったなァ、と.


 最後にDE' MOLTOに行ったのはいつだったか憶えていないが、確か卒業式の帰り
に寄ったのは憶えている.僕とモトヒロ君は、後輩のくれた花束を恥ずかしげに、
でもちょっと誇らしげに持っていたっけ.
高校生最後の日.もうこうやってみんなでここに来るのも最後かなぁ、なんて言って
いた記憶がある.

 春が来て、ある者は東京へ、ある者は大阪へと旅立っていった.
そして旅立つ僕らを見届けて、まるでその使命を終えたかのように、
ある日、DE' MOLTOはひっそりと店を閉じた.
ロイヤルミルクティーの香りとともに語り合ったあの日、あの時.

もう、夢の行き場はどこにもない.

                                        まだまだつづく
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

トースケ

いまんとこ8章まで書いたんですが.
なんか反応薄いんで、やっぱイマイチおもしろくないのかな.
そうですよね、他人の高校生活なんか.
by トースケ (2010-06-08 23:32) 

やんやん

全部読んでますよー
終わってから書こうかなって思ったけどコメントです♪
前のチョコの話なんて、
ロンハーのはしり?!なんて思いながら楽しみました(^^)
男の子同士の世界なんてなかなか知る機会もないから面白いです(^^)

私も高校時代、
ブログに来てくれる”ちー”と行きつけのパスタ屋さんがあって、
”メニュー全種類制覇するぞ!”なんて意気込んでたのを思い出しました・・
これはかえれまテンのはしり?!(笑)
by やんやん (2010-06-08 23:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る