So-net無料ブログ作成
検索選択

連載 『香りはロイヤルミルクティー』 4 恐るべき女    [香りはロイヤルミルクティー]

 3年の時だった.よそのクラスのある女子が昼休みに来てこう言った.
「話があるので放課後図書室に来てくれませんか」
僕はなんの疑いもためらいもなくすんなりOKしてしまった.
これは決して下心があったわけではなくて、てっきり委員会か生徒会関係の話だと
思っていたのだ.
まさか彼女からそういう方面の話が出るなどとは夢にも思わなかったのだ.
その女生徒とはそれまで1度も話などした事はなかったし、ごくたまに廊下ですれ違う
だけだった.しかしながら、その特異的な特徴のせいで、まったく知らないというわけ
ではなかった.
いわく、「女子高生には不釣り合いなまでのショートヘアー(今の和田アキ子くらい)」
「寒くない限りはいつもブレザーを脱いでいて、ブラウスかベストだった」
「ストッキングのみで決してソックスは履かなかった」等々.M高生には見えなかった.

図書室.jpg

「今、誰か付き合っている人いますか?」
「へ!!!・・・・!」
細長い図書室のテーブルに向かい合って、彼女はこう切り出した.
とにかく脳天気にも委員会関係の話だとばかり思い込んでいた僕は、頭が真っ白に
なって二の句が継げず、硬直状態になってしまった.
『えーっ、困ったな-、まずいなー、参ったな-、なんちゅーこんだ』なんていう言葉
ばかりが頭の中を乱舞していて返答が出てこない.
第2波が来た.
「もしいなかったら、お付き合いしてくれませんか」
なんつークソ度胸のある女だ、などと感心している場合ではなかったが、
答えは出ていた. NOだ.
なぜならその時すでに僕には付き合っている人がいたからだ.第1章の終わりに
登場したK子である.
(しかしながら高校卒業後、僕は東京に出てしまい、K子曰く『羊のようにおとなしく
貴方の帰りを待つことができなかった』彼女は別の男と結婚し、さらには波乱の経過
を経ることになるらしいのだが、詳しい話は僕も知らない)

 話を戻そう.ただ、もしその時K子と付き合っていなかったとしても答えはやはりNO
だった.一目会った瞬間に『こいつとは合わないな』と思った.直感だけど100%の
自信はあった.何と言ったらいいのか、性格でもない、考え方でもない、ましてや趣味
でもない.何かが合わない、と感じたのだ.

ともかく僕は、直感云々の事は触れず、すでに好きな人がいるという事だけを告げた.
「どうしても駄目ですか」 「え、ええ・・・」
申し訳ないがそう答えるしかなかった.彼女は特に動揺も見せず、ただちょっと残念
そうに素直に納得した.
これでこの件についてはすべて終わりである.以後彼女との接触はなかった.
―――だが、後日談がある.

 この一件については、名コンビであるモトヒロ君も含めて誰にも話さなかったが、
一昨年の暮れ、実はこんなことがありました、とモトヒロ君に細かなレポートを書いた.
さすがの彼も相当驚いていたナ.
彼はその問題の女、T子について僕よりはいくらか情報を持っていたので、いろいろと
教えてくれた.
1.NS中学出身
2.吹奏楽部にいたが、先輩ともめて1年でやめた.
3.その他一般的な評判 『滅多に口をきかないからよくわからない』 『何か怖い』
  『水色のブラジャーをつけていて、それを見せるために上着やベストを脱いでいる』
4.これが問題.『3年生の時、我がクラスのB君のところに手紙が来て、《お見合いを
  勧められているが、あなたのことが好きだ.私の事をどう思っているか》 と詰め
  寄ったとの事.B君は何の脈絡もなく唐突の事だったので大いにアセったらしい.

何やら気の重くなるような話ばかりである.
モトヒロ君は 『君の直感は素晴らしい.確かに君には合わない.一歩間違えば
とんでもない目に遭ったかも知れない』と続けた. 納得.
確かに、4.の“3年生の時”というのは僕の件と同年である.だとしたら僕に言い
寄ったのもT子の“お見合い破談計画”の一環ではなかったか、という疑惑が生じる
のである. うーん、つくづく身も凍る恐ろしさ.わが直感のありがたさ.
さらにモトヒロ君は『当時好きだったK子さんの存在にも感謝しなきゃいかんでしょう』
と結んでいる.
確かにそういう考え方もできるけど・・・.
人生の機微ってフクザツなものだね.
                                              つづく
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

LUCKY-LANTANTAN

何が凄いって、高3でお見合い話が出てるってことは、そういう環境に育った子…ということですよね.

その見合いの相手ってのも気になります.


共学いいなぁ!
by LUCKY-LANTANTAN (2010-06-04 17:54) 

トースケ

そ、そう言われればそうですね、高3で見合いって.
もしホントだとしたら、まるで面堂家みたい(笑)

確かに育ちは良さそうだし、清潔感というか、凜とした感じはあるのですが、なんかキモイんですよ.
by トースケ (2010-06-04 23:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る